市川愛「デモ録音がいちばんいいんです」

2019.11.6 22:30

FM OH!『LOVE FLAP』にゲスト出演したポップシンガー・市川愛、左はDJの川崎亜沙美(6日・大阪市内)

(写真1枚)

FM OH!『LOVE FLAP』(月〜木曜・11時半)に6日、ポップシンガーの市川愛がゲストで登場。10月18日にリリースした7インチアナログ盤について語った。

2018年、音楽家・文筆家として活躍する菊地成孔のプロデュースでメジャーデビューした市川。今年6月に女児を出産したばかりにもかかわらず、8月にはイベントに出演していたと言い、「家族は心配してましたけど、一刻も早くやりたかったんです。4月までライブしてましたし、レコーディングも産前・産後でやりましたし」と振りかえった。

その産前に録音した7インチアナログ盤『VIBRATION』を10月18日にリリース。表題曲は、伝説のジャズシンガー・笠井紀美子のカバー曲だ。「4年前、『The Limelight』というシティポップのカバー集を出したんですが、(作詞家の)安井かずみさんの歌詞が素晴らしくて。彼女の歌詞が好きだなぁと思ってたら、マネジメントしている人に『VIBRATION』を歌ってみたら?と言われて」と市川。

そして、「この曲は一発録りで。私のいいところでもあり、悪いところでもあるんですけど、デモ録音がいちばんいいんですよね。処女体験がいちばん、という。ライブでも歌ったことがないので、今夜の大阪でのライブ(会場:ロイヤルホース)はドキドキしてます(苦笑)」と語った。

FM OH!『LOVE FLAP』

市川愛

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本