杉咲花、来秋・朝ドラのヒロインに抜擢
2019.10.30 17:30

2020年後期・朝の連続テレビ小説が、上方のコメディエンヌ・浪花千栄子をモデルにした『おちょやん』に決定。そのヒロイン・竹井千代役を女優・杉咲花が務めると10月30日に発表され、「NHK大阪放送局」(大阪市中央区)で会見がおこなわれた。

「こんなに感動的な瞬間ってあるんだって、今すごく噛み締めています」と心境を話した杉咲花(10月30日・NHK大阪放送局)
「こんなに感動的な瞬間ってあるんだって、今すごく噛み締めています」と心境を話した杉咲花(10月30日・NHK大阪放送局)画像一覧

ヒロイン決定を知らされたのは、「『打ち合わせをしたい』と事務所に呼ばれて会議室で聞いたんですけど・・・」と杉咲。「チーフマネージャーさんよりも先輩の方がいきなり入ってきて、何事なのかと思っていたら、『朝ドラが決まりました』と言われて」と当時を振りかえった。

「一瞬何のことだか理解できない状況だったんですけど、この日が来たんだ、と思って。うれしくてちょっと泣いてしまいました」と、その瞬間に感極まったという。

家族には、「母親にさっき電話で伝えました。『え?え?よかった、よかったね』って本当に喜んでくれて、それが一番うれしかったですね」と笑顔を見せた杉咲。

「みなさんにとって大事な15分を、明るくてパワーをもらえるひとときにできるよう、波瀾万丈な人生を前向きに乗り越えていく千代さんを一生懸命演じられるようがんばりたい」と意気込みを話した。

この物語は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルに、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの生涯を描く。2020年4月にクランクインの予定で、放送は同年秋から。

杉咲は1997年10月2日生まれ、東京都出身。ドラマ『夜行観覧車』(TBS)で注目を集めたのち、数々の映画で新人賞や助演女優賞などを受賞。その存在感や演技力には定評がある。

連続テレビ小説 第103作『おちょやん』

放送予定:2020年秋〜

  • facebook
  • twitter
  • はてブ