まちゃまちゃ、スナックのママとしての顔
2019.10.29 22:00

芸人やアスリートの「もうひとつの才能」に注目したドキュメンタリー番組『OFLIFE(オブライフ)』(MBS)。10月29日の放送回では、芸歴23年目のお笑い芸人・まちゃまちゃに密着する。

まちゃまちゃの大好きな人たちが集うスナック「ピエロ」(写真提供:MBS)画像一覧

29歳のときに奇抜なヘアスタイルにメイク、毒舌ネタでブレイクしたまちゃまちゃ。下町の風情が残る東京・高円寺の商店街の一角に、彼女が2年前に開店した会員制のスナック「ピエロ」がある。千葉県君津市出身の彼女は、10代の頃から大ファンであるバンドの活動拠点であることから頻繁に通うなど思い入れが強い高円寺。19歳で芸人を目指し上京して住み始めたのも高円寺だった。

全10席の店の常連客は、バンドマンやライター、会社経営者などさまざま。そのなかに和田アキ子のモノマネでブレイクした芸人のMr.シャチホコとみはる夫妻もいた。この店が「アッコさんのモノマネに力を入れるきっかけになった」と話すシャチホコ。和田アキ子のしぐさなどネタになるフレーズを、実はまちゃまちゃから教えてもらったと明かす。

両親が共働きで、一家だんらんの記憶がほとんどないというまちゃまちゃ。唯一の家族写真は幼い頃にスナックらしきところで撮った父・母・姉との写真。特に思い入れはないと話すが、スナックと家族は何となく結びついているのだろう。忙しい母の手料理にはいい思い出がなく、下積み時代にもまったく料理をしなかったというが、出演したある番組がきっかけで料理好きに。今はお客さんのために健康を気遣った料理を手作りし、「飲みに来る人のオカンになろうと思っている」と笑う。

スナック「ピエロ」に訪れる客は誰もが「まちゃまちゃに会いに来てる」と口を揃え、会話を楽しむ(写真提供:MBS)画像一覧

また、高円寺は学生時代の憧れであり、下積み時代にずっと居候させてくれた1つ年下の恩人がいて、知らないおばちゃんが「お帰りなさい」と声をかけてくれる町。店の開店時にもたくさんの知人が力を貸してくれたそうで、スナックを開いたのは、そんな売れない時代を支えてくれた人たちへの「恩返し」だという。

お客さんが「まちゃまちゃに会いに来てる」と口を揃える、スナック「ピエロ」。自分の居場所を見つけたまちゃまちゃの、スナックママとしての顔に密着する。この模様は10月29日・深夜1時59分から放送される。

MBS『OFLIFE』

URL:http://of-life.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ