トラ柄タピオカドリンク店、アメ村に登場

2019.10.19 12:00

同ブランドの人気商品「黒糖ボバミルク」(600円)

(写真1枚)

黒糖タピオカドリンクで人気の、台湾発の専門店「タイガーシュガー」が、関西初上陸。大阪・アメリカ村に10月18日にオープンした。

タイ、韓国などのアジア地域を中心に世界13カ国に展開する同店。2019年9月に東京・原宿に日本1号店、新宿に2号店をオープンし、関西のタピオカドリンク激戦区とも言える大阪・アメリカ村に国内3店舗目を構えることに。

その特徴は、黒糖シロップでじっくりと煮込まれた黒糖ボバ(大粒タピオカ)。飲む前にドリンクを振ると、ボバに染み込んだ黒糖が冷たいミルクに溶け出し、店名にもあるトラ柄のような縞模様を生み出すという。大粒の「ボバ」と小粒の「パール」、2つの食感の違いも魅力の一つ。「黒糖ボバミルク」は600円。

店舗の2階には、自然光の入るカフェスペースを併設。オープン当日、SNSには「間違いなしの美味しさ」、「待ってました! 」など、同店の出店を祝う声が上がっていた。

「タイガーシュガー心斎橋店」

2019年10月18日(金)オープン
住所:大阪市中央区西心斎橋1-6-27
営業:10:00〜22:00(通常営業時)
電話:06-6484-8837

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本