日没後の芸術祭、六甲山で特別イベント
2019.10.19 9:00

芸術イベント『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019』が開かれている六甲山で、ライトアップされた紅葉とアート作品を鑑賞するイベントが開催。10月18日から、日没後の芸術祭会場を巡ることができる。

『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019』会場の夜間ライトアップのイメージ画像一覧

開催10年目を迎えた同芸術祭。自然のなかでアート作品を鑑賞する楽しみに加え、山上のさまざまな施設を散歩感覚で巡ることも人気の一因に。今年は過去最多となる42組のアーティストが参加し、ベテラン作家の榎忠らによる作品が並んでいる。

イベントでは、安藤忠雄による建築「風の教会」(〜夕方6時)の特別入館、「六甲高山植物園」(〜休日夜7時)での夜の紅葉狩り、「六甲ガーデンテラス」(〜夜8時半)では神戸の夜景も一望できるほか、これらすべての会場でライトアップされるアート作品もまた、昼間とは違った表情を見せてくれるはずだ。

夜間展示の時間は施設・曜日により異なり、入場券が必要な場合も。日程は10月18日から27日(21日、23日〜24日は休)、11月1日から24日までの合計31日間。同芸術祭の鑑賞チケットは一般2200円。詳細は公式サイトにて。

『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019』
期間:2019年9月13日(金)~11月24日(日)
会場:六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、風の教会、ほか7施設
料金:中学生以上2200円、4歳~小学生1100円
URL:https://www.rokkosan.com/art2019/

『ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~』
日程:2019年10月18日(金)〜27日(日) ※21日、23〜24日は休
2019年11月1日(金)〜24日(日)
※詳細は公式サイトにて
URL:https://www.rokkosan.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ