京都を走る叡電、26年ぶりに制服を刷新
2019.10.14 7:00

鞍馬線開通90周年を迎えた「叡山電鉄」(本社:京都市左京区)が、1993年から使用し続けていた運輸従業員の制服をリニューアル。26年ぶりのこととなる。

26年ぶりにリニューアルされる「叡山電鉄」の新制服画像一覧

「宝ヶ池駅」から「鞍馬駅」までを結ぶ「鞍馬線」開通90周年にちなみ、さまざまなイベントをおこなっている同社。「鞍馬駅」発のハイキングイベントや記念入場券の販売、駅前におよそ17年間鎮座してきたモニュメント「大天狗」のリニューアルなどを発表してきた。

新制服はその記念事業の一環で、ブレザーからスーツタイプへとデザインを一新。沿線にある「比叡山」「鞍馬山」をイメージした綾目柄のネクタイのほか、紺色地のスーツには観光列車「きらら」「ひえい」と同様の金色ラインがあしらわれている。制服は、10月18日に「鞍馬駅前広場」でおこなわれる「大天狗」の完成披露式にてお披露目され、変更は11月1日からとなる。

鞍馬線開通90周年サイト
URL:https://eizandensha.co.jp/kurama_90th/

『新・大天狗完成披露式』
日時:2019年10月18日(金)・10:30〜11:30予定
会場:鞍馬駅前広場(京都市左京区鞍馬本町191)

  • facebook
  • twitter
  • はてブ