イマドキの社食とは? 中之島三井ビルへ

2019.9.5 12:00

カフェ&バーカウンター横の開放的な空間は、眺望も抜群

(写真11枚)

2002年の竣工以来、初めての大規模リニューアルがおこなわれた「中之島三井ビルディング」(大阪市北区)。その入居テナント向けのダイニング「クイモッテ」を中心とした共用スペースが、9月2日に新しくオープンした。

ビルの4階に位置する同ダイニングは、同ビル共有の社食だが、外部からの来訪者も利用できる。リニューアルにあたっては、入居テナント・ワーカーらとワークショップを重ね、オフィスビルに求められるさまざまな意見を反映。利用者の思いを取り入れた施設に仕上がったという。たとえば「仕事中でも適度にフリーな環境が欲しい」「気分転換や休憩できる場所が欲しい」「同じ趣味や目的を持つ人と交流したい」などの意見が実現された。

にぎり寿司の定食は、組み合わせにより800円〜

ダイニングは朝8時からスムージーやサンドイッチなどの朝食が用意され、定食や丼(650円〜)、パスタやサラダ(580円〜)などランチは14種。カフェタイムにはシュークリームなどのスイーツメニューも。17時以降はお酒とともに寿司やタパス、サーロインステーキ(1080円〜)など食事やチョイ飲みにも対応する。また、AIを活用し、混雑状況の情報を発信したり、フードロスの削減が実現できるという。

ビル全体を「大型客船」に見立て、入居ワーカーは「クルー」。同じ船に乗り込んだ仲間として、航海していくことをイメージした共有のダイニングスペースには、ライブラリーやカフェ&バーカウンター、革張りのデッキチェアや1人がけのソファなどが置かれる。窓際には、ちょっとした打ち合わせができるスペースや、ひとりで集中できるカウンターがあり全440席。予約制の会議室もある。

自由な時間に、ひとりでもグループでも利用できる開放的な空間を持つ、最新のオフィスダイニング。息抜きをすることも集中することもできるという快適な環境で、仕事の効率や生産性が向上すれば、会社にとっても申し分ないだろう。

「CUIMOTTE(クイモッテ)」

2019年9月2日(月)オープン
住所:大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング4F
営業:8:00〜21:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本