梅田の百貨店も、台風10号で続々閉店
2019.8.15 17:31

台風10号の影響から、兵庫県の商業施設は14日に臨時休業をすでに発表していたが、大阪・梅田の施設も15時を境に閉店。「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」(共に大阪市北区)も閉店時間を早め18時に営業終了する。

左から阪急うめだ本店、阪神梅田本店(14日撮影)
左から阪急うめだ本店、阪神梅田本店(14日撮影)画像一覧

「JR西日本」が一部運転を取りやめ、また電車が遅延するなどの影響から、お客や従業員の安全を確保するために「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」が18時で閉店することを公式サイトに先駆けて、twitterで16時台に発表。阪神梅田本店のアカウントでは「お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご了承のほどお願い申し上げます」とコメントしている。

すでに、「グランフロント大阪ショップ&レストラン」「ルクア大阪」「HEP FIVE」「NU茶屋町」「阪急三番街」「イーマ」「ハービスプラザ/ハービスプラザエント」「ディアモール大阪/ディアモールフィオレ」が15時に閉店(一部店舗除く)。「梅田オーパ」「エスト」は16時に閉店。「ホワイティ梅田」に関しては店舗で営業終了時間が異なるという。

また、「大丸梅田店」及び「ヨドバシカメラ」は現時点で、通常の営業時間を予定している。詳細は各公式サイトにて。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ