ペット続投の佐藤栞里「成長ぶり見れる」

2019.8.9 06:00

映画『ペット2』のヒット記念イベントに登場した佐藤栞里。右は同作で活躍するウサギ、キャプテンスノーボール(大阪市内・8日)

(写真1枚)

映画『ペット2』のヒットを記念したイベントが8日、「ユニバーサル・シティウォーク」(大阪市此花区)でおこなわれ、日本語吹替版で声優をつとめる佐藤栞里が登場した。

主人公の飼い主で、ニューヨークに住む女の子・ケイティを、前作『ペット』に続き『ペット2』でも演じた佐藤。「映画もケイティも大好きなので、また会えてうれしかった」と映画での再会を喜びつつ、「吹き替えでは発音が難しいことがあって、何回やっても『大丈夫ですか?』が志村けんさん風になってしまって・・・」と楽しげな現場の様子を語った。

さらに佐藤は「(佐藤演じる)ケイティに子どもができまして、その子を守るために(ペットであり主人公の)マックスが育児ノイローゼ気味になってしまったり・・・キャラクターたちの成長ぶりが見られるので注目してほしい」と、前作から見守ってきたキャラクターたちの変化を語り、「前回はちょっと悪ものだったスノーボールも、今回はとても良い子で勇敢で面白い子に」と、見どころを伝えた。同作は7月26日から、全国の映画館で公開中。

『ペット2』

2019年7月26日(金)公開
監督:クリス・ルノー
出演:(日本語吹替版)設楽統、日村勇紀、佐藤栞里、永作博美、ほか
配給:東宝東和

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本