アイス博、高級品から幻のレトロ系も
2019.7.21 16:00

アイスクリームやかき氷が100種以上楽しめるイベント『アイスクリーム万博“あいぱく”』が、「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)で7月31日からスタート。高級品から駄菓子系までがそろう。

左上から桔梗信玄ソフトミックス520円、山形ジェラート つや姫350円、カカオが香るチョコレート・アイスクリーム450円、長崎カステラアイス350円、パステルズ850円、プラチナ800円
左上から時計回りに、桔梗信玄ソフトミックス520円、山形ジェラート つや姫350円、カカオが香るチョコレート・アイスクリーム450円、長崎カステラアイス350円、パステルズ850円、プラチナ800円画像一覧

ど派手なビジュアルが岡山で話題の「クレイジーアイスクリーム」はトリプル1000円、神奈川の「メゾン ジブレー」の最高級ピスタチオアイス・プラチナは1カップ800円といった珍しく贅沢な品々がそろうのも見どころ。それとともに、注目したいのは100円前後の懐かしいアイスが約13種並ぶコーナーだ。

左上から時計回りに、エルコーン80円、スイカボール140円、アイスたまご80円、三色トリノ80円
左上から時計回りに、エルコーン80円、スイカボール140円、アイスたまご80円、三色トリノ80円画像一覧

なかでも見逃せないのは、1980年から発売され2019年3月末に生産終了したメロンとバニラのシャーベットアイス「エルコーン」(80円)。こちらをイベントのために確保していたとのことで、完売するとおそらくもう二度と食べることはできないだろう。ほかにも、昔ながらのかき氷「赤城しぐれ」、「ホームランバー」「アイスたまご」「スイカボール」などがラインアップ予定。

同イベントは、アイス評論家のアイスマン福留さんが2015年から企画し、全国で累計約200万人を動員する人気企画。3回目の同店では、初年度が人気のあまり、2018年からは2週間に延長されている。期間は8月13日までで、持ち帰り用のクーラーバッグなどの販売もあり。

『アイスクリーム万博“あいぱく”』

期間:2019年7月31日(水)〜8月13日(火)
時間:10:00~20:00(最終日は~17:00)
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9F催会場(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:入場無料
電話:06-6624-1111
URL:http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ