世界の奇界遺産、大阪で佐藤健寿の写真展

2019.7.19 07:00

展覧会メインビジュアル ©KENJI SATO/KIKAI.ORG

(写真3枚)

写真家・佐藤健寿が追い求めた世界各地の驚異をテーマにした展覧会『奇界遺産2019展 WUNDER in NAMBA』が、商業施設「なんばスカイオ」(大阪市中央区)で8月2日より開催される。

『奇界遺産』などの写真集で知られ、テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系列)の常連出演者でもある佐藤は、武蔵野美術大学卒業後に渡米。「エリア51」(アメリカ空軍の基地で、墜落したUFOや宇宙人に関する噂がある)の撮影を機に、世界各地の奇妙な事物を撮影・執筆するようになった。その際、博物学的・美学的視点を取り込むのが彼の流儀で、その着眼点の独自性や、ダイナミックで劇的なフレーミングが大きな魅力となっている。

©KENJI SATO/KIKAI.ORG

展示には、未発表作品や関西初展示作品も含まれており、ファンには見逃せない機会。また、会場には佐藤が制作した「音」が流れており、巨大画面に映る映像との組み合わせが、観客の好奇心と想像力をさらにかき立てる。期間は8月18日まで、料金は一般800円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『奇界遺産2019展 WUNDER in NAMBA』

期間:2019年8月2日(金)〜18日(日)※会期中無休
時間:11:00〜19:00(金曜〜21:00)※入場は閉場30分前まで 
会場:なんばスカイオ・コンベンションホール(大阪市中央区難波5-1-60/7F)
料金:一般800円、大高中小生700円、未就学児無料
電話:06-6644-7542

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本