知られざる僧侶・忍性、2体目の上人像完成

2019.7.14 08:00
  • 忍性の故郷・奈良県三宅町屏風にある浄土寺の藤田能宏住職の依頼で、彫刻家・吉水快聞氏が制作した日本で2体目の「忍性上人像」 画像提供:巧匠堂(写真/萩村裕子)
  • 三宅町へ向かう直前の忍性上人像(左)と制作者で彫刻家の吉水快聞さん(7月12日・吉水さんの工房にて)
  • 三宅町へ向かう直前の忍性上人像(左)と制作者で彫刻家の吉水快聞さん(7月12日・吉水さんの工房にて)
  • 下睫毛までもが描かれている上人像。彩色などすべての行程をひとりでおこなっているが、眉、目、鼻の赤、口だけは日本画家に依頼したという
  • 梱包され、いよいよ故郷の三宅町へ出発する準備に入った忍性上人像
  • 開眼法要のため故郷の三宅町へ向かうため梱包された忍性上人像と未来へのカプセルとして、胎内に納められる結縁交名(ご縁のあった方の名前)
  • 背中の衣紋も美しい「忍性上人像」 画像提供:巧匠堂(写真/萩村裕子)
  • 三宅町へ向かう直前の忍性上人像(左)と制作者で彫刻家の吉水快聞さん(7月12日・吉水さんの工房にて)
  • 忍性の故郷・奈良県三宅町屏風にある浄土寺の藤田能宏住職の依頼で、彫刻家・吉水快聞氏が制作した日本で2体目の「忍性上人像」 画像提供:巧匠堂(写真/萩村裕子)
  • 三宅町へ向かう直前の忍性上人像(左)と制作者で彫刻家の吉水快聞さん(7月12日・吉水さんの工房にて)
  • 三宅町へ向かう直前の忍性上人像(左)と制作者で彫刻家の吉水快聞さん(7月12日・吉水さんの工房にて)
  • 下睫毛までもが描かれている上人像。彩色などすべての行程をひとりでおこなっているが、眉、目、鼻の赤、口だけは日本画家に依頼したという
  • 梱包され、いよいよ故郷の三宅町へ出発する準備に入った忍性上人像
  • 開眼法要のため故郷の三宅町へ向かうため梱包された忍性上人像と未来へのカプセルとして、胎内に納められる結縁交名(ご縁のあった方の名前)
  • 背中の衣紋も美しい「忍性上人像」 画像提供:巧匠堂(写真/萩村裕子)
  • 三宅町へ向かう直前の忍性上人像(左)と制作者で彫刻家の吉水快聞さん(7月12日・吉水さんの工房にて)
(写真8枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本