笑い飯・哲夫「お客さんと一緒にスベる」

2019.6.10 20:00

大阪・三津寺での公開収録に登場した笑い飯・哲夫(9日・大阪市内)

(写真2枚)

芸人・笑い飯の哲夫が仏教についてトークするラジオ番組『笑い飯 哲夫のサタデーナイト仏教』。その公開収録が6月9日に「三津寺」(大阪市中央区)で開催され、50名以上のファンが饒舌なトークを楽しんだ。

「ネタ帳に般若心経を写経する」という趣味がテレビで取り上げられ、仏教芸人として注目を集めた哲夫。その後は著書の出版や、仏教伝道協会によるラジオ番組のMCを通して、笑いを絡めながら仏教の教えを伝えてきた。

お寺の本堂でおこなわれた同ラジオ初の公開収録には、30代前後の男女からご老人まで幅広い年代のリスナーが集合。哲夫は「仏教の『個と全は同じ』という教えを知れば、舞台で『自分だけスベったんじゃなく、お客さんと一緒にみんなでスベった』と気を楽にできる」など日常のなかで役立つ教えを語り、会場を楽しませた。

足を運んでくれたリスナーへのサービス精神からか、ラジオ以上に饒舌になった哲夫。連想ゲームのように脱線していく話題に、司会者から「ここはラジオでカットされるところですね」と諭される一幕も。姫路市から訪れた女性は「脱線する話も含めて、楽しかった」と、公開収録ならではの自由さを満喫していた。この収録番組は、2週にわたって公開予定。7月20日・24時55分からと、7月27日・24時25分からFM OH!で放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本