大阪・北浜のミシュランパンに朝から行列
2019.6.7 19:50

10年連続ミシュランの星を獲得するフランス料理店「リュミエール」(本店:大阪市中央区)が手がけるベーカリーカフェ「パンカラト ブーランジェリーカフェ」が6月7日オープン。多くの人が行列を作った。

11時からのセットメニューのひとつ「パンと野菜の遊園地」(1080円)は、各野菜の持ち味が最大限に生かされ、甘みや酸味などいろんな味わいがひと皿に凝縮されている画像一覧

場所は、同日オープンの新ホテル「ザ ロイヤルパークホテル キャンバス 大阪北浜」1階。パンの世界大会で数々の受賞歴を持つ「パリゴ」(大阪市天王寺区)がパン作りを協力。注力したクロワッサンは「50回ほど試作をくり返しました。バターはフランスのAOP発酵バターを使っています」とオーナーシェフの唐渡 泰さんは話す。AOPとは、EUがその土地の伝統的な農産物の保護を目的として、製造地域や原料、製造工程などの規定を満たした商品にのみ付与される認証のこと。

堺筋に面した店頭でお客を迎える、オーナーシェフの唐渡 泰さん画像一覧

なるほど、サクサクした食感で、軽やかなバターの風味が生きている。定番のバゲット(324円)は、16時間の長時間発酵でもっちりとした味わいを実現。クリームパン(302円)のクリームには、最高級とされるタスマニア産のバニラビーンズを使ったり、チーズのフォカッチャ(346円)にはマッシュルームのクリームソースを挟み込むなど、パンに合わせフランス料理の技法がアレンジされている。

イートインのメニューも豊富で、クロックムッシュやピザトーストのほか、スープやサラダ、パテ、赤ワイン煮込みなどもあり、パンと一緒に楽しむこともできる。セットメニューの「パンと野菜の遊園地」(1080円)は、唐渡シェフのスペシャリテにパンを追加したワンプレート。茹でたり、蒸し煮にしたり、またソースやムースでいろんな野菜が味わえる。ワインやカクテルも吟味されたものがそろう。営業は朝8時から夜9時まで。

「パンカラト ブーランジェリーカフェ」

2019年6月7日(金)オープン
住所:大阪市中央区北浜1-9-8 ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜1F
営業:8:00〜21:00 ※無休
電話:06-6575-7540
URL:http://pain-karato.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ