現地シェフが月替、大阪のホテルブッフェ
2019.6.9 12:00

世界に点在する「ハイアット」のホテルシェフが各国から集まり、自国の料理を振る舞う『ワールドブッフェ2019』が4月から「ハイアット リージェンシー 大阪」(大阪市住之江区)でスタート。同ブッフェの、6〜8月のラインアップが発表された。

6月14日からスタートする「沖縄」テーマのブッフェ料理(イメージ)画像一覧

2019年春に開業25周年を迎えたことを記念して、世界の料理をテーマとした「ワールドブッフェ」を開催している同ホテル。4月にメキシコ、5月にはトルコからシェフが来阪し、現地を知るシェフ自らが料理を振る舞った。中南米、中東のブッフェに続き、6月からアジア諸国の料理が登場する。

6月14日からのテーマは沖縄。ラフテーやジーマミ豆腐など、古くから現地で親しまれる食材・レシピをもとにした沖縄料理が楽しめるほか、沖縄発祥の「オリオンビール」、泡盛「残波」を含む飲み放題のプラン(プラス2000円)も登場する。7月12日からはベトナムのリゾート地・ダナンのシェフによる現地料理が、8月9日からはインド・ムンバイ出身シェフによるスパイシーなインド料理がブッフェスタイルで楽しめる。料金はランチ3200円(子ども1600円)、ディナー3900円(子ども1950円)。詳細は公式サイトにて。

「ワールドブッフェ2019」

期間:2019年6月14日(金)〜9月8日(日)
※沖縄は〜7/7、ベトナムは〜8/4、インドは〜9/8
営業:平日11:30〜14:30、17:30〜21:00 ※休業日あり
会場:ハイアット リージェンシー 大阪(大阪市住之江区南港北1-13-11)
料金:ランチ3200円、ディナー3900円 ※子ども別料金
電話:06-6612-1234
URL:https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-regency-osaka/osaka

  • facebook
  • twitter
  • はてブ