進撃の巨人、舞台と3Dが融合しUSJへ
2019.6.3 21:30

『進撃の巨人』のなかでも重要な戦い『ウォール・マリア奪還作戦』の世界観を再現したアトラクション『進撃の巨人・ザ・リアル』が、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)で開催。劇場を360度使った演出に、驚きの声があがっている。

心をひとつにした調査兵団が、巨人との戦いに挑む
心をひとつにした調査兵団が、巨人との戦いに挑む(5月30日・USJ)画像一覧

同作戦は、エルヴィン率いる調査兵団が、巨人に奪われたウォール・マリアの領土を奪還すべく乗り出す最終決戦。巨人たちの奇襲に応酬し、生き残りをかけた壮絶な総力戦が繰り広げられる、ファンにとっても衝撃的で印象深いシーンだ。

同パークのプロジェクトリーダー・吉岡達哉さんは、「今までやっていなかったライブキャストと3Dとエフェクトを組み合わせた新しいアトラクション体験」と説明。迫力ある3D映像で圧倒的恐怖を体験するなか、ステージ上で立体機動装置を装備したキャストが戦闘を繰り広げる。

ステージ上で繰り広げられるアクションシーン。リヴァイが颯爽と登場する
ステージ上で繰り広げられるアクションシーン。リヴァイが颯爽と登場する画像一覧

映像は後方にまで広がり、まるで会場全体が戦場に。オープニングセレモニーに登場した俳優の小澤征悦は、「本当に、一緒に戦ってる感覚になる。石が飛んできたり、リアルに人が出てきて、巨人まで・・・。本当に信じられない体験をしました。こっち見たと思ったらあっちを見て、後ろからもなにか来るぞみたいな」と、興奮冷めやらぬ様子で感想を話した。期間は8月25日まで。

『ユニバーサル・クールジャパン 2019』

期間:2019年1月18日(金)〜8月25日(日)
URL:https://www.usj.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ