松下洸平、初の朝ドラに「感謝してます」

2019.5.28 06:00

連続テレビ小説『スカーレット』に出演し、京都で陶芸を学んで信楽にやってきた陶工・十代田八郎を演じる松下洸平

(写真1枚)

戸田恵梨香がヒロインを務める平成31年度後期の連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)にミュージシャンで俳優の松下洸平が出演。朝ドラ初挑戦への意気込みをコメントした。

ペインティング・シンガーソングライターとして活動をするなか、俳優としてドラマや舞台で活躍する松下。本作では、喜美子(戸田)が陶芸の会社に勤めるようになったのちに知り合う、若い陶工・十代田八郎を演じる。

「朝ドラ初出演ですがこのような大役をいただき、本当に驚き、そして感謝しています。粘土をこねて形づくり丁寧に焼いていく陶芸と同じように、時間をかけてゆっくり、でも熱を込めてみなさまの朝を彩る作品をお届け出来るよう、精いっぱい演じます」とコメントした。

画家である母の元、幼い頃から芸術に触れてきた松下。自らの経験を活かし、喜美子に大きな影響を与えることになるという十代田を、魅力的に演じるだろう。放送は9月30日から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本