大阪の新ホテルに、ミシュラン・パン登場

2019.5.24 07:00

「パンカラト ブーランジェリーカフェ」のトースト(イメージ)

(写真5枚)

10年連続ミシュランの星を獲得するフランス料理店「リュミエール」(本店:大阪市中央区)が、新業態となるベーカリーカフェ『パンカラト ブーランジェリーカフェ』を、ホテル「ザ ロイヤルパークホテル キャンバス 大阪北浜」1階にオープンする。

「リュミエール」のシェフ・唐渡 泰さんと、パンの世界大会で数々の受賞歴を持つ『パリゴ』(大阪市天王寺区)のオーナー・安倍竜三さんがタッグを組んだ同店。安倍さん監修のもと、繊細な野菜のアレンジで定評があるリュミエールのエスプリを昇華させた、さまざまなパンが楽しめる。

左から「パリゴ」の安倍竜三さん、「リュミエール」の唐渡 泰さん

オーガニック小麦粉と野菜のシロップを使った食パンや、野菜のピュレを練り込んだパン、紅茶ブランド「ダマンフレール」の茶葉を使ったクリームパンなど、凝った製法のパンが並ぶほか、カフェメニューもヘルシーなものがそろう。

たとえば、無農薬野菜のサラダやスープ、煮込み料理、卵料理、スムージーが付いた「パンプレートランチ」(1500円)や、パンと野菜を組み合わせた「パンと野菜の遊園地」(1000円)など。バーカウンター5席を含む席数は17席で、営業は8時から21時まで。6月7日開業のホテルと同日にオープンする。

『パンカラト ブーランジェリーカフェ』

2019年6月7日(金)オープン
住所:大阪市中央区北浜1-9-8 ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜1F
営業:8:00〜21:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本