ブームの生みの親、関西初ブランド出店
2019.5.19 12:00

タピオカミルクティー発祥を謳うカフェ「春水堂」。そのティースタンド「TP TEA」が、6月4日に商業施設「阪急三番街」(大阪市北区)にオープンする。

左から、タピオカ紅茶ラテフロート、タピオカ抹茶ラテフロート、タピオカ翡翠ジャスミンラテフロート、タピオカ鉄観音ラテフロート(各730円・税別)画像一覧

台湾のカフェ「春水堂(チュンスイタン)」が、若者のお茶離れを食い止めるために考案したという「タピオカミルクティー」。「タピる」「タピ活」などの造語が次々と生み出されるなど、社会現象と言うべき人気商品となっている。そんなブームの生みの親である同ブランドが、テイクアウト専門店を関西に初出店。

目玉となるのは、タピオカ入りのラテドリンクにソフトクリームをトッピングした「タピオカラテフロート」(730円・税別)。日本向けに考案されたオリジナル商品で、大阪店で全国先行発売される。全国の店舗での発売は、6月8日から。

「TP TEA 阪急三番街店」

2019年6月4日(火)オープン
住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館1F
営業:10:00〜22:00
URL:https://jp.tp-tea.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ