中野量太監督「今撮るべき映画と思った」
2019.5.17 21:40

商業映画デビュー作『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年)が話題となった中野量太監督。その最新作となる映画『長いお別れ』の試写会が17日、大阪市内でおこなわれ、中野監督が登壇した。

映画『長いお別れ』の舞台挨拶に登場した中野量太監督(17日・大阪市内)画像一覧

同映画の原作は、『小さいおうち』で知られる作家・中島京子の同名小説。厳格な父が認知症となり、ゆっくりと記憶を失っていく父親と家族の7年間を描いている。常々、オリジナル脚本にこだわっていた中野監督だったが、「原作を読んだら、すごく面白くて。僕の感性にすごく合った。高齢化社会において、今撮るべき映画だと思った」とコメント。

中学校の校長だった父を演じたのは、名優・山﨑努。すでに原作を読んでいた山﨑は、「これが映画化されたら、俺のところにオファーが来る」と言っていたそうで、中野監督は「縁だと思うんです。そういう人を引き当てたのは僕です(笑)。脚本も気に入ってくれて、勝ったなと思った」と笑顔で語った。同映画は5月31日から公開される。

映画『長いお別れ』

2019年5月31日(金)公開
監督:中野量太
出演:蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努
配給:アスミック・エース
URL:http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ