森川葵「走るシーン、落ち込んで帰った」

2019.4.27 20:00

舞台挨拶に登場した森川葵(27日・大阪市内)

(写真3枚)

ギャンブルによる階級制度のある学園で、生徒たちが争う『映画 賭ケグルイ』。その舞台挨拶が27日におこなわれ、浜辺美波と森川葵が大阪市内の映画館に登場した。

漫画『賭ケグルイ』を原作とした同作は、2018年1月から深夜枠でのTVドラマ化第1弾がスタートし、その後同じキャストで2019年3月には第2シーズンが放送。変顔や絶叫もいとわない、若手役者たちの全力な演技が人気となり、今回の映画化へと繋がった。

劇中で、浜辺演じる主人公と争う女子生徒・早乙女役を演じた森川は、苦手なアクションシーンにも挑戦。「(ドラマの)シーズン1で、剣を持って走るシーンがあったんですが、落ち込んで帰ったくらいできなかった。それを英勉監督は見てたのに、森川にアクションとダンスをと・・・」と、裏話を披露。

すると浜辺は「剣を持って走るシーンで(森川が)あまりにもかわいい走りをして、(監督が)ニヤニヤしながらきて、『森川さんなんでもできるけど、走るのだけはできないみたいなんだよねー』って言ってました」と暴露。森川も「そんなこと言ってたの!?」と驚きつつ、「でも、最後は監督がカッコよく編集してくれました」と笑顔で話した。映画は5月3日から公開。

『映画 賭ケグルイ』

2019年5月3日(金)公開
監督:英勉
出演:浜辺美波、高杉真宙、森川葵ほか
配給:ギャガ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本