今もド派手な米米CLUB、横浜公演放送
2019.4.25 20:00

1982年に結成したバンド・米米CLUB。デビューから34周年を迎えた今も精力的に活動する。そんな彼らが2019年に開催した全国ツアーの横浜公演が、5月5日にWOWOWで放送される。

米米CLUBのボーカル、カールスモーキー石井(中央)画像一覧

80年代にデビューし、コスプレやギャグを織り交ぜた革新的なパフォーマンスで人気となった同バンド。1997年に解散するも、2006年に再結成。2019年には『おかわり』と称したツアーで全国26公演をおこなった。そのなかから、「パシフィコ横浜」(横浜市)の公演が放送される。

鮮やかな照明で赤く染められるステージ、会場に響くボーカル・カールスモーキー石井の美声、登場を祝して灯されるファンの米粒型ペンライトなど、ビビッドなビジュアルで溢れる会場は、開演直後から一気に米米CLUBの世界に。アップテンポな『KOME KOME WAR』で、観客のテンションも一気にマックスに。

『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019〜おかわり〜』画像一覧

挨拶代わりの数曲が披露された後、はじまったのは石井の独演ショー。昭和歌謡歌手になりきり、外連味たっぷりのパフォーマンスと、相反する艶やかな歌唱で、会場のファンは爆笑したり、歌に聴き惚れたりを繰り返す。その後ステージに戻ったダンサーたち、パフォーマー・ジェームス小野田らもド派手な衣装で登場し、ライブの人気曲『かっちょいい!』で前半の舞台はクライマックスを迎えた。

休憩を挟んだ2部制の同ライブ。コミカルな前半とは打って変わって、後半の舞台では1991年発表のアルバム収録曲『simple mind』や名曲『君がいるだけで』『浪漫飛行』など、往年の名曲でファンを楽しませる。MCではメンバーに注意されるほどふざけてばかりの石井だが、音楽がかかるとその歌声で一気に人を惹きつける、その2面性を何度も見せつけるライブ構成となっていた。ラストはアップチューン『Shake Hip!』で観衆の腰を揺らし、大団円のラストとなった。この模様は5月5日・夜21時からWOWOWライブで放送される。

米米CLUB『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019〜おかわり〜』

放送:2019年5月5日(祝・日)・21:00〜
URL:https://www.wowow.co.jp/detail/115034/001

  • facebook
  • twitter
  • はてブ