海遊館のジンベエのぼり、22種が空泳ぐ

2019.4.14 14:00

気持ちよさそうに空をおよぐ「海遊館」の生きもののぼり(2018年の様子)

(写真1枚)

5月5日の「こどもの日」に先駆けて、大阪の水族館「海遊館」(大阪市港区)前広場の上空に「ジンベエのぼり」が登場。4月15日から期間限定で22種類のオリジナルのぼりが空を舞う。

1991年に「海遊館らしいこいのぼりを」とはじまったこの企画。同館の人気者・ジンベエザメをはじめ、ワモンアザラシやカマイルカ、コツメカワウソに加え、今年は3月にリニューアルオープンした「南極大陸」水槽で展示されている「アデリーペンギンのぼり」など8種が仲間入り。計22種35体の生きものがのぼりとなって登場する。期間は6月3日まで。

「海遊館」

住所:大阪市港区海岸通1-1-10
営業:10:00~20:00(入館は閉館1時間前まで)
料金:大人2300円、子ども1200円、4歳以上600円、60歳以上2000円 ※3歳以下無料
電話:06-6576-5501(海遊館インフォメーション)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本