淡路島の逆さウニを堪能、絶品料理3選

2019.4.11 00:43

ソースは、濃厚なデミグラスならぬウニグラスソース

(写真5枚)

兵庫県・淡路島の南部、由良と福良で取れるウニは絶品と、全国的にも評判だ。塩水だけで洗って出荷されるが、時間がたつと変色する腹側をあえて見せ、板に並べる「逆さウニ」は新鮮な証しとされている。現地で気軽に食べられるウニ料理を3つご紹介。

あわじ島うにクリームコロッケバーガー

ソースとコロッケ、ダブルのウニ効果でこくのある旨さを実現。バンズにはイカスミを使い、ウニの黒い殻をイメージしたという。酸味の効いたピクルスと淡路島産の海苔がアクセントになり、ウニ好きにはたまらない味わいに。1000円(税別・淡路島オニオンキッチンうずの丘店)。

〜島のうにくまぜごはん〜島の黄金比

ウニ+牛肉+卵黄の黄金比が味わえる

2018年の「淡路島創作料理コンテスト」で最優秀賞に輝いた1品。淡路島の絶品生ウニと淡路牛、卵黄がご飯とからみ、さらに特製のウニ醤油をかけていただく極上のまぜごはん。淡路島の育波で作られる海苔との相性も抜群。全国的にも定番のうにくを島スタイルで堪能できる。2800円(税別・絶景レストラン うずの丘)。

うずの丘海鮮うにしゃぶ

最後の雑炊まで、感動が続くウニ三昧メニュー

和風出汁に練りウニと豆乳、生ウニを溶かしたウニスープに、鯛などの刺身をからめていただくうにしゃぶ。別途、板にのせて出される「逆さウニ」は、海苔とワサビでウニ丼に。最後は鍋にご飯を入れてウニ雑炊と、贅沢なウニ三昧が楽しめる。4000円〜(時価・絶景レストラン うずの丘)。

「あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン うずの丘店」

住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館
営業:9:00〜16:00(LO)※火曜休
電話:0799-52-2888

「絶景レストラン うずの丘」

住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館2F
営業:10:00〜15:00(LO)※火曜休
電話:0799-52-2888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本