新元号「令和」、大阪では中継に人だかり

2019.4.1 11:48

新元号の発表会見が中継された大阪ミナミの道頓堀の街頭ビジョン(1日・大阪市内)

(写真2枚)

政府は1日・11時41分、菅義偉官房長官が「平成」に代わる新しい元号「令和」を発表。大阪ミナミの道頓堀(大阪市中央区)の街頭ビジョンでも会見の様子が中継され、発表の瞬間を聴き入った。

新元号は、有識者による懇談会、全閣僚会議、臨時閣議などを経て決定。「平成」公表時には、小渕恵三官房長官(当時)が「平成」と書かれた色紙を収めた額を掲げたが、「令和」では、菅官房長官が記者会見で公表したほか、首相官邸の公式ツイッターやYouTubeチャンネル、政府広報オンラインでも中継。また、街なかの街頭ビジョンでもその様子が映され、各地で歓迎ムードに包まれた。

新元号の発表の瞬間を待つ、大阪ミナミ・道頓堀前の人々(1日・大阪市内)

新元号が皇位継承前に公表されるのは、憲政史上初めてのこと。4月30日の天皇陛下退位にともない、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日・午前0時に施行される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本