高良健吾「なんのご褒美? もう財産です」

2019.3.26 22:00

映画『多十郎殉愛記』の舞台挨拶に登壇した主演の高良健吾(26日・大阪市内)

(写真2枚)

幕末の京都を舞台にした時代劇映画『多十郎殉愛記』の試写会が26日、大阪市内の映画館で実施され、中島貞夫監督と主演の高良健吾が登壇。舞台挨拶をおこなった。

中島貞夫といえば、『新・極道の妻たち』シリーズなどで知られているが、教授だった大阪芸術大学では後進の育成に尽力してきた。そこから巣立っていったのは、本作に監督補として参加している熊切和嘉のほか、映画監督の山下敦弘や呉美保、カメラマンの近藤龍人、脚本家の向井康介ら、現代の映画界を背負って立つ面々がズラリと並ぶ。

高良は「僕は(中島の教え子)全員とご一緒していて。その方たちの先生にまた学べるというのはラッキー。僕の30代最初の現場ですし、中島監督の20年ぶりの現場ですし、時代劇ですし、京都で撮影ですし、殺陣も学べますし・・・僕はなんのご褒美!?という気持ちでした」とコメント。

そして、「中島監督が京都の東映の歴史を話していただけるんですけど、そこに出てくる俳優さんがスゴい。錦ちゃん(萬屋錦之介)、文ちゃん(菅原文太)、健ちゃん(高倉健)・・・すごい方たちの名前が出てきて。もう財産です!」と、現場では多くのことを学んだ様子だった。同映画は4月12日から公開される。

映画『多十郎殉愛記』

2019年4月12日(金)公開
監督:中島貞夫
出演:高良健吾、多部未華子、木村了、三島ゆり子、ほか
配給:東映、よしもとクリエイティブ・エージェンシー

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本