大江戸温泉の気軽リゾート、三重・鳥羽に

2019.3.25 07:00

元々はタラソテラピーなどエステが楽しめる女性向けの施設だった「タラサ志摩ホテル&リゾート」をリニューアル

(写真3枚)

エンタテインメント性が高い温泉施設で有名な「大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ」(本社:東京都中央区)が4月19日、温泉リゾート「TAOYA(たおや)志摩」(三重県鳥羽市)をオープンする。

既存の「タラサ志摩ホテル&リゾート」を2018年秋に買収し、リニューアル工事をおこなった同社。これまではカジュアルに利用できる温泉宿や温泉テーマパークが中心に運営してきたが、今回は「ゆったりと、たおやかに」という新コンセプトで気軽なリゾート施設を目指す。

目の前の海と一体感を味わえる「インフィニティ風呂」に大浴場をリノベーション、敷地のビーチ周辺では草間彌生をはじめとする現代アーティストによる作品の展示や、足湯に入りながら夜空を楽しめる「星空テラス」を新設し、非日常感を演出する。

温泉と海がつながっているように見える「インフィニティ風呂」
温泉と海がつながっているように見える「インフィニティ風呂」

それと同時に、「大江戸温泉物語」らしさを活かすため、館内着には浴衣を採用し、人気のバイキング料理を導入。ほかにも、湯上がり処では、生ビールやアイスキャンディー、ソフトドリンクなどをフリーで提供するなど、お得感も意識した施設となりそうだ。全123室あり、宿泊料金は4名1室9980円〜。

「TAOYA志摩」

2019年4月19日(月)オープン
住所:三重県鳥羽市浦村町白浜1826-1
電話:0570-031268

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本