京都・男山ケーブル、工事で一時運行休止

2019.3.25 06:00

勾配長411m、片道約2分半の男山ケーブル

(写真2枚)

国宝・石清水八幡宮の最寄り駅・男山山上駅と八幡市駅を結ぶ、京阪電気鉄道(本社:大阪市中央区)の鋼索線「男山ケーブル」。18年ぶりのリニューアル工事で、5月27日から6月18日(予定)まで運行を休止する。

1926年に「男山索道」により敷設され1944年に営業が廃止されていたのを、同社が1955年復活させて以来、石清水八幡宮までの参拝者に愛用されている同ケーブル。今回のリニューアルでは、制御装置や誘導無線など主要機器の更新、索条(ロープ)の交換、車両の標識灯や予備灯をLED化を実施予定。

工事中となる23日間は、男山ケーブル八幡市駅前から「石清水八幡宮」第二駐車場」まで、タクシーによる代行輸送をおこなう。片道大人200円。輸送ダイヤは7時40分、8時0分・20分・40分。以降は18時まで毎0分・15分・30分・45分。所要時間は約10分、乗車定員は限られるため、満員の場合は待ち時間が発生する場合もあり。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本