京の魅力を活かすドーナツ店、河原町に
2019.3.20 8:00

京都の食材を活かしたドーナツ専門店「koe donuts(コエ ドーナツ)」が3月21日、阪急河原町駅近くの「新京極商店街」(京都市中京区)にオープン。関係者に向けた内覧会が19日におこなわれた。

クリームといちごをたっぷりサンドし、ミルクと練乳を生地にたっぷり染みこませた「ストロベリー」(850円)はイートイン限定
クリームといちごをたっぷりサンドし、ミルクと練乳を生地にたっぷり染みこませた「ストロベリー」(850円)はイートイン限定画像一覧

「アースミュージック&エコロジー」などを手掛けるアパレル企業の「ストライプインターナショナル」(岡山県岡山市)のグローバルブランド「コエ」の新業態となる同店。「ドーナツは世界的に愛されている食べもの。ギルティフリー感覚で楽しめるヘルシーなドーナツを、各国の人々が訪れる京都で伝えていきたいと思います」と、担当者。

そのため、オーガニック、天然由来、地産地消をキーワードに、京都らしさを活かし美山の牛乳や卵、国産の米油、有機グラニュー糖を使うなど素材を吟味。また、和の味も豊富にそろい「みたらしクルーラー」(280円)、「京人参と白味噌」(350円)といったフレーバーなど約42種並ぶ(うちイートイン限定は5種)。

通常のドーナツ以外に、ヴィーガン用、ベイクしたドーナツなどさまざまな種類がそろう
通常のドーナツ以外に、ヴィーガン用、ベイクしたドーナツなどさまざまな種類がそろう画像一覧

また店内は、世界的な建築家・隈研吾が店内を手掛け、頭上に見えるのは嵐山の竹を使って作られた伝統的な六ツ目編みのかごが572個。目の前で手作りする工房の様子も含めて、写真映えするスポットに。ほかにも、ブランドとのコラボや雑誌で活躍するイラストレーター・長場雄が、同店のキャラクター「ドーナツ博士」を描き、トートバッグやマグカップなど展開。こちらをお目当てに訪れる人も多そうだ。営業は朝8時から20時まで。

「koe donuts」

2019年3月21日(祝・木)オープン
住所:京都市中京区新京極四条上ル中之町557 京都松竹阪井座ビル1F
営業:8:00〜20:00・不定休 ※2019/3/21のみ10:00〜
URL:https://donuts.koe.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ