鈴木Q太郎「芸人のクセがついカメラに」
2019.2.9 22:00

沖縄の離島に残る風習を題材に、ひとつの家族を描いた映画『洗骨』の舞台挨拶が9日、「大阪ステーションシティシネマ」(大阪市北区)でおこなわれ、ガレッジセール・ゴリこと照屋年之監督と出演者の鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング)が登場した。

先輩芸人でもある照屋監督の作品に初出演した、芸人・鈴木Q太郎画像一覧

「こんなにガッツリ、長編映画に出させてもらうのは初めて」というQ太郎。その役柄は主人公家族の不和のきっかけともなる、妹・優子(水崎綾女)を妊娠させた男という重大なものだった。

「それまで散々、優子の相手はイケメンというフリがあったから、(Q太郎が)出てきた途端にお客さんが全員『お前かよ!?』って顔をした」と笑いながら話す照屋監督。シリアスなテーマの映画で重要な「緩急」となる、コミカルな風を吹かせたようだ。

一方でそのコミカルさが過剰に出てしまう場面も。照屋監督は「バラエティのクセなのか、急にカメラ目線で『あのさあ』ってセリフを言うんですよ」と暴露。本人は「芸人のクセでついカメラにお伝えしなきゃと思って・・・」と、申し訳なさそうな顔を覗かせた。映画『洗骨』は2月9日から公開された。

『洗骨』

2019年2月9日(土)全国公開
監督:照屋年之
出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女ほか
配給:ファントム・フィルム
URL:http://senkotsu-movie.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ