冬季限定、ラム酒香る生チョコトリュフ

2019.1.30 22:31

ブルボンから発売される「生チョコトリュフ芳醇ラム」

(写真1枚)

菓子メーカー「ブルボン」(代表取締役社長:吉田康)から、ラム酒の香りが際立つ贅沢なチョコレート「生チョコトリュフ芳醇ラム」が登場。1月29日から冬季限定で発売された。

独自のトリュフチョコレート製造技術を持つ同社は、2018年11月にも上質なカカオを使用した「冬トリュフとろけるカカオ」を発売。同年12月にはほうじ茶、アーモンドと2種類のトリュフチョコレートを提案し、どれも人気の商品となった。

新商品「生チョコトリュフ芳醇ラム」は、薄いチョコレートシェルのなかに、ラム酒の芳醇な香りが際立つ生チョコレートをたっぷりと詰め込んだ1品。また、冬季限定の同シリーズ「生チョコトリュフ至福のミルク」、「生チョコトリュフ贅沢カカオ」も発売中で、トリュフチョコの食べ比べができるラインアップになっている。希望小売価格は各180円(税別・50g)。全国の量販店やコンビニエンスストアなどで発売される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本