人間国宝が勢揃い、新しい伝統芸能フェス
2019.1.29 6:00

上方の伝統芸能を一度に鑑賞できるイベント『上方伝統芸能フェスティバル』が、大阪城公園内の新施設「COOL JAPAN PARK OSAKA」(大阪市中央区)で開催。能、落語などの古典芸能が2月25日から3日間に渡って上演される。1月28日におこなわれた記者会見には、人形浄瑠璃である文楽の吉田和生、筑前琵琶の語り・奥村旭翠など各分野の人間国宝たちが出席した。

前列左2人目から人間国宝の三島元太郎、奥村旭翠、吉田和生
前列左2人目から人間国宝の三島元太郎、奥村旭翠、吉田和生画像一覧

文楽の吉田は「数ある伝統芸能のなかでも、文楽は大阪の人たちに育てられ、浄瑠璃はいまも大阪弁で上演される。敷居が高いと思われがちな文楽だが、この機会にひとつ敷居を超えてもらえる公演ができれば」とコメント。また、筑前琵琶の奥村は、「今まで一度も聞いたことがないという人に、ぜひ見に来てもらえたら。琵琶にも、ほかの伝統芸能に負けない強い物語がある」と力強く語った。

公演初日には、祝言物の能の舞『猩々乱』や、お祝いに演じられる文楽の『二人三番叟』など、おめでたい演目がずらり。その後、演目は毎日入れ替わり27日まで。チケットは上演日により異なり前売7000円から。詳細は公式サイトにて。

『上方伝統芸能フェスティバル』

日程:2019年2月25日(月)〜27日(水)
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(大阪市中央区大阪城2)
料金:前売7000円(25日は9000円)※当日は各500円増
電話:0570-55-100
URL:https://cjpo.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ