ベルギーの小便小僧が、チョコ祭典に
2019.1.24 7:30

女性だけでなく、男性や家族でも楽しめるチョコレートの祭典を目指す百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)が、1月23日にスタート。今年は歴史にも視点を当て、チョコレート製小便小僧のオブジェが登場した。

ベルギーのブランド・ノイハウスによるチョコ製・小便小僧。コックコート着用バージョン
ベルギーのブランド・ノイハウスによるチョコ製・小便小僧。コックコート着用バージョン画像一覧

これまで、タブレット(板チョコ)、日本の47都道府県チョコレート、家族で楽しめる写真映え重視の「チョコのワンダーランド」を設けるなど、趣向を凝らしたコーナーを展開してきた同店。今年、新たに登場したのが海外の専門店の歴史や背景にも迫る「ワールドチョコレートギャラリー」だ。

今回、そのコーナーに出店するのは、ベルギーで1857年に創業した「ノイハウス」。チョコレートの街・ブリュッセルの象徴的な存在でもある小便小僧を製作し、コーナーの入り口に1体、そして会場奧には、コックコートを着た1体を展示。「今年は買うだけではなく、海外のチョコレートの歴史などについて触れてもらえれば。そのために販売スペースを縮小し、展示スペースを設けました」と、12年間催事を担当するフードマーケティング部の高見さゆりさんは説明する。

カファレルの缶。今も昔も、クラシカルなデザインが人気
カファレルの缶。今も昔も、クラシカルなデザインが人気画像一覧

ほかにもマリーアントワネットの依頼からチョコレート作りが始まったという、1800年創業「ドゥボーヴ・エ・ガレ」の、ブランドのお守り的存在である「テラコッタ製マリーアントワネット胸像」や、1826年創業のイタリアの「カファレル」の歴代の缶なども展示。大阪府三島郡から訪れた、20代の女性は「デザインの仕事をしているので勉強になります。『阪急うめだ本店』は企画内容やディスプレーが面白く、いつも注目しています」と、撮影したり、じっくりと展示を楽しんだりしていた。催事は、2月14日まで開催。

『バレンタインチョコレート博覧会2019』

期間:2019年1月23日(水)~2月14日(木)
会場:阪急うめだ本店9F・B1(大阪市北区角田町8-7)
時間:10:00~20:00(曜日により閉店時間異なる)
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ