宅間孝行「尖った映画に憧れがあって」

2019.1.19 20:00

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』の舞台挨拶に登壇した三上博史(左)と宅間孝行監督(19日・大阪市内)

(写真1枚)

三上博史が14年ぶりに主演をつとめる映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』。その舞台挨拶が19日、「シネ・リーブル梅田」(大阪市北区)でおこなわれ、三上と宅間孝行監督が登場した。

本作はラブホテルを舞台にした密室群像劇で、ワンシチュエーションでカメラを固定し、目まぐるしく動く物語のなかに巧みなギミックを忍ばせた、昨今の日本映画では少ない非常に野心的作品となっている。メガホンをとった宅間監督は、「僕は(クエンティン・)タランティーノとかガイ・リッチーに衝撃を受けてきた世代で、尖った映画に憧れがありまして」とコメント。

40分の長回しもいとわない撮影については、「大変なのが録音部。ハダカになる人がいるんで、マイクを付けられないとか。あと、鏡もあるんで映り込みもあって。それはCGで消したんですけど、実はこのスクリーンのなかにも、スタッフがばっちり映り込んでいて。ラブホテルにいる亡霊みたいな(笑)」と宅間監督。そして、「ローバジェット(低予算)ならではの、クリエイティブに制約がない映画です。応援していただけるとうれしい限りです」と締めくくった。同映画は1月18日公開。

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』

2019年1月18日(金)公開
監督:宅間孝行
出演:三上博史、酒井若菜、波岡一喜、ほか
配給:HIGH BROW CINEMA

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本