明石城の知られざる歴史、西に窓が多い理由
2019.1.14 10:00

明石焼きと呼ばれる郷土料理・玉子焼きなどで知られる兵庫県明石市。現在開催中の『ちょこっと関西歴史たび』の関連イベントでは、今年築城400年を迎える「明石城」にスポットを当て、「歴史のまち」としての懐の深さを感じさせる。

坤櫓の3階(最上階)。西国の外様大名が幕府へ反乱を起こさないよう監視していた
坤櫓の3階(最上階)。西国の外様大名が幕府へ反乱を起こさないよう監視していた画像一覧

見どころは、期間中に限定公開(要予約)される明石城の坤櫓(ひつじさるやぐら)。薄暗い櫓に入り、急な階段を昇って2階、3階と上がると、徐々に見晴らしがよくなっていく。徳川幕府が豊臣を制圧して間もない頃に築かれたため、「明石城の役目は西国の外様大名を監視すること。だから、西側は窓の数が多いんですよ」と、男性ガイドは説明する。

また、城跡のある「明石公園」に隣接した「明石市立文化博物館」では「明石城御殿平面図」が初公開。縦約3.8メートル、横約2.4メートルと、大きすぎてこれまで公開する機会がなかったという。「内馬場」「御射場」など御殿内の様子が詳しく描かれ、藩主の生活が目に浮かぶようだ。

今は憩いの場として親しまれる場所が、歴史で重要な役目を担っていたことを実感できるイベント。期間は3月22日まで。詳細は公式サイトにて。

取材・文・写真/合楽仁美

『ちょこっと関西歴史たび 明石城』

期間:2019年1月12日(土)~3月22日(金)
会場:明石城(明石公園)、あかし市民広場、明石市立文化博物館ほか
電話:078-918-5080(明石観光協会)
URL:http://www.jr-odekake.net/navi/rekishi_tabi_akashijo/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ