おでん電車・おでん船、滋賀の冬の風物詩

2019.1.7 20:00

『おでんde電車』過去開催時の様子

(写真4枚)

寒い冬をおでんを食べながら楽しむ、滋賀県の冬の風物詩『おでん de 電車』『汽船 de おでん』が今年も開催される。

京阪電気鉄道(本社:大阪市中央区)と琵琶湖汽船(本社:大津市)が、冬季限定でおこなう両イベント。屋台風に飾り付けられた車内で、おでんをいただく『おでん de 電車』は、琵琶湖の西側を走る京阪電車・石山坂本線(石山寺〜坂本比叡山口)で開催され、車窓を眺めながら温かいおでんを頬ばるスタイルが例年人気を集める。

『汽船deおでん』の創作フレンチおでんイメージ
『汽船deおでん』の創作フレンチおでんイメージ

また『汽船 de おでん』は、大津港からナイトクルーズを楽しんだあと、昭和初期の近代建築「びわ湖大津館」のフレンチレストランでシェフ創作のフレンチ(洋風)おでんをいただくスタイル。1月17日から始まり、『〜電車』は2月23日まで、『汽船〜』は3月9日までの木・金・土曜に開催される。

どちらも1人3980円(おでん、フード、ドリンク付)でひとりから予約可。『〜電車』は公式サイトにて、また『汽船〜』は電話077ー524ー5000で受け付けている。

『おでんde電車』
日程:2019年1月17日(木)〜2月23日(土)の木・金・土曜
会場:大津駅発着
料金:3980円

『汽船deおでん』
日程:2019年1月17日(木)〜3月9日(土)の木・金・土曜
会場:大津港発着、びわ湖大津館経由
料金:3980円
電話:077-524-5000(琵琶湖汽船)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本