甲賀市長、朝ドラ決定に「発展に期待」
2018.12.4 14:00

2019年後期の連続テレビ小説が、滋賀県甲賀市(こうかし)の信楽町で奮闘する女性陶芸家・川原貴美子の半生を描く『スカーレット』に決定。それを受けて、岩永裕貴甲賀市長がコメントを発表した。

サンタに変身した信楽焼のたぬき画像一覧

滋賀県・信楽で奮闘する女性陶芸家の半生を描く同ドラマ。ヒロインのモデルは設定していないとのことだが、「女性陶芸家・神山清子さんを深く取材しています。子育てをしながら作陶するという姿勢を大きく参考にさせていただきました」と、NHKの制作統括・内田ゆきさんは説明する。

2019年後期の連続テレビ小説『スカーレット』のヒロインに起用された戸田恵梨香
2019年後期の連続テレビ小説『スカーレット』のヒロインに起用された戸田恵梨香画像一覧

岩永市長は、「本日、甲賀市信楽町が朝の連続テレビ小説の舞台に決定されたとの一報を受け、大変うれしく思っております。これを機会に、『日本六古窯 信楽焼』のさらなる発展に期待するとともに、忍者、東海道、くすりなど、歴史と伝統にあふれる甲賀市に多くのみなさまが訪れていただくことを心からお待ちしています」とコメント。

13世紀後半(鎌倉時代)に始まったとされる信楽焼は、約400万年前に信楽の地にあった、太古の湖の底に積み重なった古琵琶湖層と呼ばれる地層から採れる土を原料にした焼き物。「八相縁起」としておなじみののたぬきの焼き物が多く生産され、現在はサンタに変身した可愛いたぬきが観光客をお出迎えしている。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』
放送予定:2019年9月30日(月)〜2020年3月

滋賀県甲賀市
URL:http://www.city.koka.lg.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ