イルミアワード、関西勢は最高7位と苦戦
2018.11.14 18:00

「夜景観光コンベンション・ビューロー」(代表理事:丸々もとお)による、冬期イルミネーション・ランキング『イルミネーションアワード』。13日に開かれた第6回の授賞式で昨シーズンのランキングが発表され、主要部門で関西勢もランクインした。

『総合エンタテインメント部門』で6年連続首位に立ち続ける、長崎ハウステンボスの『光の王国』
『総合エンタテインメント部門』で6年連続首位に立ち続ける、長崎ハウステンボスの『光の王国』画像一覧

映像やライティング技術、関連イベントなど複合的なイベントから選出する『総合エンタテインメント部門』では、長崎ハウステンボスの『光の王国』が6年連続で1位。関西では、兵庫のネスタリゾート神戸『NESTA ILLUMINA』が初めて8位に入賞したが、前年4位だった『大阪・光の饗宴』は12位と苦戦した。

また、LEDなどをメインに演出するイベントが対象の『イルミネーション部門』では、栃木のあしかがフラワーパーク『光の花の庭』が3年連続1位。関西からは、和歌山マリーナシティの『フェスタ・ルーチェ』が初の7位に入賞、前年8位だった『神戸ルミナリエ』は14位とランクを落とした。

2部門にランクインした兵庫のネスタリゾート神戸『NESTA ILLUMINA』
2部門にランクインした兵庫のネスタリゾート神戸『NESTA ILLUMINA』画像一覧

さらに、芸術性、デザイン性の高い光の演出を評価する『プロフェッショナルパフォーマンス部門』には、三重の『なばなの里 イルミネーション』が2年連続1位。前出の『NESTA ILLUMINA』(10位)が関西から唯一ランクインした。

同アワードの選考は、全国5542人の夜景鑑賞士やイルミネーション鑑賞士が対象。「実際に行ってみて良かった前シーズンの冬期イルミネーション」という項目でアンケートを実施し、得票ポイントによってランキングを決定している。

『第6回イルミネーションアワード』

URL:http://yakei-cvb.or.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ