京都伊勢丹、食品フロアを増床し大改装

2018.11.7 12:00

「ジェイアール京都伊勢丹」東側エントランスのイメージ図

(写真3枚)

「ジェイアール京都伊勢丹」(京都市下京区)が食品フロアを増床し、12月5日にリニューアルオープン。京都の人気店を中心に新ブランドも加わり、これまでにない試みもおこなっていくという。

2017年に20周年を迎え、世界基準(グローバル)と地元(ローカル)の魅力を取り入れた、「世界最高のグローカルストア」を目指すことを宣言した同店。今回の食品フロアは「カルチャーフーディー(文化的な美食)」をコンセプトに一新し、京都と世界、伝統と革新を同時に味わえるフードフロアを追究する。

その中心的存在として登場する7軒は、フランスのショコラブランド「ジャン=ポール・エヴァン」、カフェパティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」「メゾンカイザー」(2019年春オープン予定)、サブレの専門店「ラ・サブレジエンヌ」。京都の老舗からはお茶の「一保堂茶舗」、和菓子の「老松」、そして、バウムクーヘンが人気なドイツの「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」。ほかにも新旧の地元の人気店や、京都初出店の名店が登場する。

菓子のTASHINAMI。こちらではバイヤーがセレクトした常時5〜10種の和洋菓子がそろい、カウンターでいただける
菓子のTASHINAMI。こちらではバイヤーがセレクトした常時5〜10種の和洋菓子がそろい、カウンターでいただける

また、同百貨店で新たな試みとして注目したいのは、バイヤーがセレクトした菓子とドリンク、酒と肴、それぞれのマリアージュを楽しめる体験型イートイン・スペース「TASHINAMI(嗜み)」。こちらでは5〜10種の和洋菓子と好みのドリンクや、好みの酒と季節の酒肴を、気軽に専用カウンターでいただける。

ほかにも、京都をはじめ世界のブランドが集結するコーナー「AWASE(合わせ)」には菓子とパンの各コーナーがあり、自分、または贈り先に合わせて選べるよう、さまざまな店舗の商品がずらり。お土産を探したいときににもぴったりだ。このリニューアルを経て、2019年以降は2~5階のファッションフロアも着工し、2020年春に全面開業される予定。

「ジェイアール京都伊勢丹」

住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
電話:075-352-1111

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本