比叡山延暦寺で人気、梵字ラテでご利益
2018.11.11 7:00

「日本仏教の母山」でもある「比叡山延暦寺」(滋賀県大津市)で提供している梵字を描いたラテ、その名も「梵字ラテ」が、SNSを通じて若い世代にも人気が高まっている。

左からキャラメルラテ、抹茶ラテ、カフェラテ画像一覧

境内にある宿坊「比叡山延暦寺会館」の喫茶(れいほう)では、同寺をしってもらうきっかけとして「梵字ラテ」(700円)の販売を2017年夏よりスタート。仏教では各干支を守る仏様・守護尊と、その仏様を表す字があり、注文時に自身の干支を伝えると、それに合った梵字で淹れてくれる。

梵字ラテをいただける喫茶(れいほう)
梵字ラテをいただける喫茶(れいほう)画像一覧

例えば酉年の人がオーダーすると、全ての災難を除いて光明の道へ導き、福徳を授ける「不動明王(ふどうみょうおう)」の梵字・カーンをラテに描き、「こちらを体に取り入れることでご利益を得られます。SNSのラテをきっかけにご参拝いただき、全オーダーの半分以上が梵字ラテになったときもございます」と延暦寺参拝部主事の星野さん。

びわ湖を一望できる窓際席で、壮大な眺めとともにラテを
びわ湖を一望できる窓際席で、壮大な眺めとともにラテを画像一覧

味は抹茶ラテ、カフェラテに加え秋冬の新作・キャラメルラテ(春はストロベリーラテ)が登場し、比叡山の清浄な水を使い、抹茶ラテには濃茶用のハイグレードな宇治産抹茶を使用。タイミングが合えばお坊さんが直にラテを淹れてくれるといった、今どきのメニューとフレンドリーなサービスは、格式の高い寺とのギャップも相まって評判となっている。提供時間は午前7時半から午後7時まで。

取材・文/中河桃子

「比叡山延暦寺会館 喫茶(れいほう)」

住所:滋賀県大津市坂本本町4220比叡山 延暦寺内
営業:7:30~19:00※早めにクローズド、不定休あり
電話:077-579-4180
URL:http://syukubo.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ