京都・南座、改修工事2年を経て内部公開

2018.10.23 07:00

大規模な改修工事で刷新された南座の内観

(写真6枚)

約400年前に歌舞伎小屋として出発した、日本最古の歴史を持つ劇場「京都四條南座」(京都市東山区)。2016年から始まった大規模な耐震改修工事が完了した10月22日、その内部がメディアに公開された。

先日、管理する松竹の武中雅人専務が、「耐震補強をクリアした上で、景観を変えずに保存するという非常に難しい作業でしたが、これをなんとか2年という工期で仕上げてもらえた」と話したように、今回の工事の大きな目玉は、国の登録有形文化財にも指定されている建物(1929年創建)を可能な限り保存・修復したこと。特に「芸術的」とも言われる内装は、工事前に内観の3Dモデルを作成し、格子状の天井やアール・デコ調の照明など、細部に至るまでの復元を実現している。

天井や証明など、細部に至るまで復元された南座
天井や照明など、細部に至るまで復元された南座

その一方で、客席を以前よりゆったりした椅子にリニューアルし、要望の多かったエレベーターを設置するなど、劇場空間の快適さは大幅にアップ。芝居だけでなく、ただ劇場内にいるだけでも、より楽しめるものになるはずだ。一般お披露目となる新開場は、松本白鸚、松本幸四郎、市川染五郎の襲名披露公演となる『吉例顔見世興行』で11月1日に幕を開ける。

取材・文・写真/吉永美和子

「京都四條南座」

住所:京都市東山区四条通大和大路西入る中之町198

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本