従業員もコスプレ、大丸でウォーリー展

2018.10.9 21:05

1〜3作目まではすべて手描き、4作目からデジタルで彩色されているなど、違いが分かるような展示に

(写真7枚)

「大丸梅田店」(大阪市北区)で、『誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展』が、10月10日にスタート。大阪で初めて絵本原画が展示されるほか、ウォーリーの魅力を紐解く内容となっている。

赤と白のボーダーシャツを着たウォーリーを人ごみのなかから探し出す、マーティン・ハンドフォードさんによる人気絵本『ウォーリーをさがせ』シリーズ。1987年に誕生してから、世界累計で6500万部も販売され、日本でも根強い人気を誇っている。

大丸梅田本店内で、ウォーリー姿の従業員を見つけたときはぜひ声をかけてみて
大丸梅田本店内で、ウォーリー姿の従業員を見つけたときはぜひ声をかけてみて

百貨店全体で同展を盛り上げる予定で、展示期間中は一部の従業員がウォーリーの姿に変身。「トリック or トリート」と声をかけると、記念品をプレゼントしてくれる。また、10月13日・20日・27日は赤白ボーダーシャツで来場すれば、100人先着で入場無料となるので、会場がウォーリーだらけになるはずだ。

今回の企画展では、原画だけでなく、俳優・彫刻家の片桐仁、絵本作家・鈴木のりたけら6人が魅力を解説したパネルや、写真家・本城直季、建築家・寺田尚樹、アートディレクター・中村至男がウォーリーからインスパイアされた作品の展示も。

会場にはフォトスポットも
会場にはフォトスポットも

また、作品からウォーリーを探すだけでなく、会場内にも作品にちなんだアイテムが隠されているので、家族で楽しめる内容に。また、ハンドフォードさんが、6歳の頃に描いた作品も展示され、その頃から今の作風があらわれているのも見どころ。期間は10月30日まで、料金は一般1000円。

ⒸDreamWorks Distribution Limited. All rights reserved

『誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展』

期間:2018年10月10日(水)〜30日(火)
時間:10:00〜19:30(20:00閉場)
※最終日は〜17:30(18:00閉場)
会場:大丸ミュージアム〈梅田〉 大丸梅田店 15F(大阪市北区梅田3-1-1)
料金:一般1000円、大高生800円、小中生400円、未就学児無料
電話:06-6343-1231(代表)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本