ハマケン率いる在日ファンク、大阪に登場
2018.9.29 13:00

ハマケンこと浜野謙太率いるファンクバンド・在日ファンクが、11月21日にフルアルバム『再会』をリリース。それを記念したワンマンツアー『しようよ、再会』の一環として、来年1月10日に大阪のライブハウス「umedaTRAD」(大阪市北区)でワンマンライブをおこなう。

在日ファンク(中央が浜野謙太)
在日ファンク(中央が浜野謙太)画像一覧

もともと「ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら再認識する」ことを掲げて2007年に結成された在日ファンクだが、確かなテクニックに裏打ちされたスリリングな演奏とダイレクトに耳に飛び込んでくる日本語歌詞、ボーカル・ハマケンのキレキレのパフォーマンスが織りなすパワフルなステージは、活動当初から「和製ファンク」を超えたオリジナリティを確立。

ファンクバンドというとブラックミュージックに関する知識がないと楽しめない・・・と思ってしまいがちだが、フェスやイベントで彼らのステージを初めて見た客は爆笑&興奮してノリノリで踊り出す。小難しい音楽性やメッセージ性を超えた、下世話なまでに本能を揺さぶってくるグルーヴとソウルと笑いこそが、つまり在日ファンクの掲げる「ファンク」なのだ。

結成10年目にあたる昨年8月、活動の拠点をメジャーレコード会社から、ハマケンのSAKEROCK時代から親交の深いカクバリズムに移籍し、原点回帰ともいえる新たなスタートを切った彼ら。ハマケンは今秋からのNHK連続テレビ小説『まんぷく』にレギュラー出演するなど、俳優としても目覚ましい活躍を見せているが、やはりその真髄は音楽にある。ステージでピチピチのスーツを着て歌い踊りまくる姿を見れば、仰天&ホレなおすこと間違いナシ。決して美男ではない男7人の音楽とパフォーマンスが醸し出す、唯一無二のフェロモンをこの機会に体験すべし。10月1日まで公式サイトで先行予約受付中。料金は4000円。

文/井口啓子

在日ファンク 5th Album『再会』リリース記念ワンマンツアー『しようよ、再会』

日時:2019年1月10日(木)・19:00〜
会場:umedaTRAD(大阪市北区堂山町16-3)
料金:4000円(オールスタンディング、ドリンク代別途要)
※3歳以下は入場不可、4歳以上はチケット必要
電話:06-6882-1224(GREENS)
URL:http://www.greens-corp.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ