顔をテーマに110点、ルーヴル展開幕
2018.9.22 6:00

美の殿堂が所蔵する約40万点から厳選された約110点を展示する『ルーヴル美術館展 肖像芸術』が「大阪市立美術館」(大阪市天王寺区)で、9月22日に開幕する。

古代から19世紀の作品までを展示
古代から19世紀の作品までを展示画像一覧

肖像をキーワードに「ルーヴル美術館」の古代オリエント美術、イスラム美術、絵画、彫刻などの8部門が総力をあげて、3400年前の棺に入っていたエジプトのマスクから、フランスのナポレオン1世の絵画や彫刻、15世紀以降の資産家たちが描かせた家族の肖像など、あらゆる顔をセレクト。展示に際し、「ルーヴル美術館」の学芸員も来日した。

リュドヴィック・ロジエさんとクロード・ラメの《戴冠式の正装のナポレオン1世》
リュドヴィック・ロジエさんとクロード・ラメの《戴冠式の正装のナポレオン1世》画像一覧

古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術部門学芸員のリュドヴィック・ロジエさんは、クロード・ラメによる《戴冠式の正装のナポレオン1世》について、「見た瞬間にナポレオンだと分かりますが、顔などは理想化された姿であることが分かります。この栄光の姿のほか、若き日の姿から、デスマスクまでを展示し、時代のなかでどう生きたかも感じてもらえれば」と話す。

そして、絵画部門学芸員のコーム・ファーブルさんは、王妃マリー・アントワネットからも寵愛された女性肖像画家のエリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランについて「彼女は当時の流行であった大きなドレス、盛りつけた髪などを嫌い、自然のままで、シンプルな服装を好み、新しい風を吹き込んだ。同時代の絵画と比べても異例」と、《エカチェリーナ・ヴェシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像》を解説した。

手前がヴェロネーゼの《女性の肖像》(通称:美しきナーニ)画像一覧

27年振りに来日するルネサンス時代の最高傑作のひとつ、ヴェロネーゼの《女性の肖像》(通称:美しきナーニ)のほか、オランダの巨匠レンブラント・ファン・レインや、スペインの宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの作品による肖像画なども見どころだ。同展の2019年1月14日まで。料金は一般1600円。

『ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか-』

期間:2018年9月22日(土)~2019年1月14日(祝・月)※月曜休&12/28~1/2休(9/24・10/8・12/24開館、9/25・10/9休館) 
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで) 
会場:大阪市立美術館(大阪市天王寺区茶臼山町1-82・天王寺公園内)
料金:一般1600円、大高生1200円
電話:06-4301-7285(なにわコール 年中無休・8:00~21:00)
URL:http://www.ytv.co.jp/louvre2018/index.html

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ