女子向け、梅田限定の新カップヌードル
2018.9.23 12:00

オーダーメイド型カップヌードル専門店「MOMOFUKU NOODLE(モモフクヌードル)」が10月3日、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)にオープン。野菜をベースとしたインスタント食品の登場に、新たな関西土産として、行列ができそうな予感だ。

コーヒー感覚で、持ち帰れるようなパッケージに
コーヒー感覚で、持ち帰れるようなパッケージに画像一覧

「日清食品」(本社:大阪市淀川区)と「阪急うめだ本店」の共同開発による同ショップ。「日清食品」の創業者である安藤百福さんから名付けられ、「体へのやさしさ、選べるおいしさ、おしゃれさ」をキーワードに、インスタ映えも意識したビジュアル、ヘルシー志向の女性を取り込むような素材遣いとなっている。

スープは3種類あり、パッケージの色味が異なる
スープは3種類あり、パッケージの色味が異なる画像一覧

オーダーメイドできる同商品は、化学調味料を使用せず、麺はカップヌードルでもおなじみの平打ち麺だが、全粒粉と食物繊維入りのノンフライヌードル。スープは、ほうれん草とブロッコリー、トマトと赤パプリカ、にんじんとココナッツミルクのエスニックカレーと3種類あり、ラーメンのだしというよりも野菜スープ感覚で飲み干せるような仕上がりに。

そして、トッピングするのはおなじみの謎肉ではなく、色鮮やかなキューブ状の「ヤサイコロ」。トマト、ビーツ、アボカド、かぼちゃ、とうもろこしなど約10種で、それぞれの野菜に近いような食感を目指したそう。こちらから4種をセレクトでき、スープとの組み合わせによって2145通りの味に。

野菜の甘みを感じられる「ヤサイコロ」
野菜の甘みを感じられる「ヤサイコロ」画像一覧

もちろん、お湯を注いで3分というのはそのまま。最後に、スープに合わせた別添えのバジルペーストや、バルサミコ酢ソースで、香り付けを楽しむことができる。店舗ではオーダーしてから1個につき約3~4分で完成するとしており、通常の品よりも賞味期限は短く1カ月(すでに内容が決まっているセレクト商品であれば、2カ月)。料金は各540円。

「MOMOFUKU NOODLE」

2018年10月3日(水)オープン
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1
電話:10:00~20:00(金・土曜は~21:00)
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ