阪急の新土産、カスタム型カップヌードル
2018.9.20 16:00

「日清食品」(本社:大阪市淀川区)と「阪急うめだ本店」(大阪市北区)がコラボした、オーダーメイド型カップヌードルショップ「MOMOFUKU NOODLE(モモフクヌードル)」が10月3日にオープン。9月20日に発表会がおこなわれ、全貌が明かされた。

ビジュアルもかわいらしさを重視し、テイクアウト用のコーヒーをイメージ
ビジュアルもかわいらしさを重視し、テイクアウト用のコーヒーをイメージ画像一覧

「オンリーワン戦略」として独自の商品を生み出してきた同百貨店の第9弾となるのが、今回のショップ。これまで「誰もが知っているあのブランドのあのお菓子」をコンセプトにギフト向けスイーツを展開してきたが、新たに「惣菜のギフト化」にチャレンジする。

「創業者の安藤百福がチキンラーメンを発明してから60周年。これまでの『おいしくて簡単で、保存ができて手頃な価格で、安全で衛生的』という思いはそのままですが、進化したカップヌードルをご提案したい」と、「日清食品」のマーケティング部の藤野誠さん。

ナチュラル、ヘルシー、インスタ映え、自分らしさ、おしゃれ・・・と現代に求められるキーワードをもとに開発したのが、化学調味料を不使用の「モモフクヌードル」(540円)だ。

グリーンセットは、ほうれん草とブロッコリーのグリーンスムージースープ。ほうれん草、えだまめ、かぼちゃ、にんじんの「ヤサイコロ」入り。最後の仕上げに別添えのバジルベーストを加えていただく
グリーンセットは、ほうれん草とブロッコリーのグリーンスムージースープ。ほうれん草、えだまめ、かぼちゃ、にんじんの「ヤサイコロ」入り。最後の仕上げに別添えのバジルベーストを加えていただく画像一覧

全粒粉と食物繊維入りのノンフライヌードルをベースに、野菜をすりおろしたような感じが残る「スムージースープ」3種から1種。さらに、トマト、ビーツ、アボカドから10種のトッピング「ヤサイコロ」から4種を選んでカスタマイズできる仕様に。その組み合わせは2145通りになるという。

「これまでは、カップヌードルを手土産にするのは想像がつかなかったと思うが、女子会といった場面でも楽しんでもらえれば。これまでのカップヌードルのイメージを変えるようなひと品になったと思う」と期待を込めた。店舗ではオーダーメイド販売のほか、組み合わせが決まったおすすめ品3種も販売する。

「MOMOFUKU NOODLE」

2018年10月3日(水)オープン
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1
電話:10:00~20:00(金・土曜は~21:00)
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ