赤ちゃんパンダ29日齢、しっぽが退化

2018.9.13 06:00

生まれたときには全長に対して22.6%もあった尻尾が、12日には15.4%まで比率が変化した

(写真3枚)

和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)で誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん(メス)が9月12日、29日齢を迎えた。

8月14日にパーク史上最小で生まれ、スタッフに24時間体制で見守られている赤ちゃん。誕生時にわずか75グラムだった体重は、一般公開を翌日に控えたこの日、689グラムへと成長した。

また、生まれたときには長かった尻尾が徐々に短くなってきた赤ちゃん。同パークによると、「出生時は体の1/3~1/4ほどを占めますが、尻尾が体に比べ成長速度が非常に遅いためこのように見えます」という。

尻尾が長いのは肉食動物の特徴で、獲物を走って追いかける際に体のバランスを保つため。「ジャイアントパンダが、肉食動物であった名残といわれています。現在は竹を主食とし、その長い尻尾が退化したと考えられます」と説明する。

一般公開では母親の良浜(らうひん)と親子での公開。子育てのシーンが見られるという
一般公開では母親の良浜(らうひん)と親子での公開。子育てのシーンが見られるという

一般公開は13日より1日2回、同パークの「ブリーディングセンター」で開催。また同日より11月16日まで、赤ちゃんの名前を募集している。詳細は公式サイトにて。

「アドベンチャーワールド」

画像提供:アドベンチャーワールド

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本