矢口真里「全盛期、CMで月収何千万も」
2018.8.30 6:00

8月30日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ)に、バイきんぐ、矢口真里らがゲスト出演。下積み時代や儲けたエピソードについて語る。

バイきんぐの小峠英二(手前)と西村瑞樹 © ytv画像一覧

16年という長い下積みを経て、『第5回キングオブコント』(2012年)優勝をきっかけに売れっ子になったバイきんぐ。ただ、売れたのは小峠英二のみで、相方・西村瑞樹は週6日休み。「週1回の営業で食べていけた」と、キャンプや野球などプライベートを満喫していたと告白。現在はサイコキャラとしてブレイクし、月収200万円稼いでいるが、西村は「僕の3、4倍はもらっているので」と、小峠の方が全然稼いでいる事をアピール。

右から3番目が矢口真里 © ytv画像一覧

また、儲けたエピソードとして、「全盛期、CMを10数本やっているとき、(月収)何千万もいただいて、両親に実家をプレゼントしました。今はCM違約金を払っています」と自虐的に語ったのは、元モーニング娘。の矢口真里。2005年にスキャンダルで脱退、2011年に結婚するも、2回目のスキャンダルを起こして再び窮地に。そのときには引退を考えたという矢口は、「根も葉もない噂があった。1回出て説明しないといけないと思って・・・」と復帰した理由を語る。この模様は8月30日・夜10時から放送される。

読売テレビ『ダウンタウンDX』

URL:http://www.ytv.co.jp/dtdx/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ