鴻上尚史「今回はわりと楽しめの舞台」
2018.7.5 7:00

1981年に劇団「第三舞台」で演劇界に登場して以来、社会問題から現代人の意識の変化まで、「今」を鋭くとらえた舞台で注目を集め続けている劇作家・演出家の鴻上尚史。大阪でおこなわれた記者会見で、中山優馬、松岡充、中村雅俊という豪華トリプル主演の新作『ローリング・ソング』について語った。

エッセイストやコメンテーターとしても活躍する、劇作家・演出家の鴻上尚史画像一覧

本作のテーマは「夢を見ることの苦しさと楽しさ」だと語る鴻上。「異なる世代の男たちの、夢へのアプローチや戦い方の違いを、世代ごとに際だたせることができたら。僕は演劇を辞めた人をたくさん見てきたけど、その『夢の挫折』を演劇で描くと生々しすぎる。演劇の代わりに描くなら、一番身近なのは音楽の世界かなと、いろんな世代の歌える俳優を集めた音楽劇にしました」という。

「すごく冷静に考えたら悲劇だけど、結果として喜劇として現れるというのが僕の作風。人生もそう」と鴻上
「すごく冷静に考えたら悲劇だけど、結果として喜劇として現れるというのが僕の作風。人生もそう」と鴻上画像一覧

元ロックミュージシャンの40代の男(松岡)の前に現れる「あなたの息子だ」と言う20代のミュージシャン(中山)。そこに「夢を売る結婚詐欺師」と名乗る60代の男(中村)も絡み、複雑な夢への思いと人間関係が音楽に乗せて紡がれる。「今回は『夢は年齢じゃない』ということだけは伝えたい。『最近の鴻上の芝居は重い』と言われるんですけど、今回はわりと楽しめです(笑)」とアピールした。

東京、福岡公演を経て、大阪公演は9月14日~16日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)にて。チケットは8900円ほか、現在発売中。

舞台『ローリング・ソング』

日程:2018年9月14日(金)〜16日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田2-4-9)
料金:8900円、U-25 4500円(全席指定)
電話:06-6341-8888
URL:http://www.thirdstage.com/knet/rollingsong/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ