40mの巨大人体、口から入ってお尻へ

2018.6.17 17:00

大きな口から、体のなかへ

(写真2枚)

アメリカで2000万人以上動員した人気イベント『からだのひみつ大冒険DX2018』が、7月24日から「大阪南港ATCホール」(大阪市住之江区)で開催。全長40mの巨大人体を通じて、体の不思議を学ぶことができる。

アメリカの子どもたちに大人気の絵本『グロッソロジー きみのからだのきたないもの学』(シルビア・ブランゼイ作)を題材とした展示は、ゲップ、鼻水、おならなど、体から生み出される「恥ずかしい」と思わず感じてしまうものが主役に。なぜ体にとって必要なのか、遊びながら重要性を体感できる内容となっている。

「イライラ手術台」では、内蔵や骨を注意深く取り出す
「イライラ手術台」では、内蔵や骨を注意深く取り出す

巨大人体内には、「くしゃみシューター」「イライラ手術台」などゲーム感覚で楽しめるものから、吐き気やゲップの原理が分かるようなアトラクションまで。最後はお尻の穴から、ウンチのごとくツルンとすべり出てフィニッシュ。期間は9月2日まで、料金は一般1500円、3歳から中学生は900円(前売りは200円引き)。

『からだのひみつ大冒険DX2018』

期間:2018年7月24日(火)〜9月2日(日)
会場:大阪南港ATCホール(大阪市住之江区南港北2-1-10)
時間:9:30〜16:30(最終入場は16:00)
電話:06-6615-5556(からだのひみつ大冒険DX2018事務局)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本